【当サイト限定】10,000円無料+フリースピン付きキャンペーン!!

>>詳細はこちら<<

イングランドリーグ杯決勝「アーセナルvsマンチェスター・シティー」

 

 

イングランドリーグ杯決勝「アーセナルvsマンチェスター・シティー」の一戦が2月26日にウェンブリー・スタジアムにて開催となります。

 

リーグ戦で不調のアーセナルと2位リヴァプールに勝ち点差15ポイントを付け首位を快走するマンチェスター・シティーという今季の成績が対照的なビッグクラブによる決勝戦となりました。

 

両チームの直接対決は11月5日にマンチェスター・シティーのホームで行われたリーグ第11節の試合で結果は3−1でマンチェスター・シティーが勝利を収めています。

 

今回の試合は両クラブのホームスタジアムではないウェンブリー・スタジアムで行われますからホームアドバンテージはありません。

 

今シーズンの勢いからいってもマンチェスター・シティーが優勢となる試合になるでしょう。

 

では勝敗予想の前に、まずはブックメーカーにてオッズを見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

アーセナル勝利 5.50倍、引き分け 4.33倍、マンチェスター・シティー勝利 1.57倍、

 

ブックメーカー1xbet

アーセナル勝利 5.25倍、引き分け 4.60倍、マンチェスター・シティー勝利 1.65倍、

 

ブックメーカー10bet

アーセナル勝利 5.00倍、引き分け 4.30倍、マンチェスター・シティー勝利 1.60倍、

 

現在のオッズを見るとやはりマンチェスター・シティーが1倍台のオッズを付けて断然人気を集めています。

 

今シーズンのマンチェスター・シティーの活躍からすれば当然ともいえるオッズと言えます。

 

一方のアーセナルはイングランドを代表する4チームのビッグクラブを指す「ビッグ4」の1チームに挙げられていたのがウソのように低迷しています。

 

現在リーグ戦においては6位ですからリーグ優勝はもちろんの事、来季の欧州カップ戦出場も危ぶまれています。

 

せめてリーグ杯だけでも獲得してビッグ4の名に恥じぬチームであることを証明してもらいたいと思います。

 

ただ1996年からアーセナルの指揮を執るヴェンゲル監督ですが、過去にリーグ杯の決勝まで勝ち上がってきたことは2007年、2011年の2回もチャンスがありながら惜しくも敗れています。

 

アーセナルのヴェンゲル監督は今まで数々の国内外に及ぶタイトルを獲得してきましたが国内のタイトルにおいてはリーグ杯だけ獲得したことがありません。

 

今のアーセナルから想像もつかないと思いますけど、2003−2004シーズンでは無敗優勝を果たすなど強い時期のアーセナルでさえもリーグ杯を制覇出来ずにいたことを考えればヴェンゲル監督には縁のないタイトルなのかもしれません。

 

よってやはりオッズの人気通りにマンチェスター・シティー勝利が濃厚と言えるでしょう。

 

今シーズン限りでの退任も囁かれているヴェンゲル監督ですが、自身の花道を飾る初タイトル獲得なるのか注目したいですね。


【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<