【当サイト限定】10,000円無料+フリースピン付きキャンペーン!!

>>詳細はこちら<<

香港国際競走2017「香港カップ」

香港国際競走「香港カップ」が12月10日にシャティン競馬場にて開催となります。

 

芝の距離2000mで争われる香港カップには、全12頭が出走を予定していますが、その中にネオリアリズム、ステファノス、スマートレイアーの日本馬3頭がエントリー。

 

いずれの馬も日本でのGI勝利こそありませんが、G1で勝ち負けできる実力馬なので、日本馬が2連覇中と得意としているレースだけに3連覇達成も夢ではありません。

 

では有力馬のご紹介の前に、まずはブックメーカーにてオッズを見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

ワーザー 3.00倍、ネオリアリズム 6.00倍、ポエッツワード 7.00倍、タイムワープ 8.00倍、ドーヴィル 12.00倍、

 

ブックメーカーbet365

ワーザー 2.75倍、ネオリアリズム 6.00倍、タイムワープ 7.00倍、ポエッツワード 7.50倍、スマートレイアー 12.00倍、

 

現在のオッズを見ると地元香港馬のワーザーが人気を集めていますね。

 

6歳セン馬のワーザーは、香港ダービー、クイーンエリザベスUカップ、香港金盃、チャンピオンズ&チャターCのG1を4勝している香港を代表する馬になります。

 

足元の怪我で半年も休養していましたが、10月の復帰戦で6着、2戦目で勝利し、徐々に調子を上げてきています。

 

叩き3戦目となる今回の香港カップで、100%の仕上がりになったと調教師もコメントしているように、完調で地元香港の競馬なら負けることは無いと自信が感じられます。

 

続いて2番人気のネオリアリズムは、日本の堀厩舎所属の6歳牡馬になります。

 

日本での実績はG2の札幌記念と中山記念の2勝のみ、G1勝ちはありませんが、4月に行われた香港のG1クイーンエリザベスUカップで初G1制覇を挙げています。

 

クイーンエリザベスUカップには今回1番人気のワーザーも出走し負かした経緯もあるので今回も期待していいでしょう。

 

ただ、長期休み明け後の初戦、天皇賞秋で13着と大敗していることもあり、叩き2戦目で今回は前進が望めますが、コンディションに関しては半信半疑といえるでしょう。

 

地元香港の名手モレイラ騎手が手綱を取るのは心強いことですが、あとはどれだけ本調子に戻っているのか調教師の腕にかかっていると思います。

 

最後は日本馬のスマートレイアーに注目していきましょう。

 

現在のオッズは5.6番人気と中位に甘んじていますが、日本の名手武豊騎手が手綱を取るので一発の可能性を秘めている馬です。

 

日本での実績は重賞を4勝も挙げている馬ですがG1は未勝利、年齢も7歳と今回が最後のG1レースとなってしまうかも知れませんので、引退前に何とか花を添えられたらと勝利を願います。

 

オッズほどワーザーが抜けた馬ではないと思いますし、日本馬3頭にもチャンスは十分あるレースと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 


【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<